融資を受けやすい状況

色鉛筆で書いたクローバー

不動産投資をする際にローンを組むことで、レバレッジを効かせることができて投資効率を上げることができます。以前は金融機関が不動産投資に対する融資に慎重になっており、年収が高い人や資産を既に持っている人でなければなかなかローン申し込みに応じてくれませんでした。しかし、事業会社への融資が低迷していることや住宅ローン金利の低下を受けて、比較的、高い金利を取ることができる不動産投資ローンに積極化してきた金融機関も現れています。このような傾向は、投資家からしてみればありがたいことです。今まで中古ワンルームマンションで不動産投資をしたいけれども、資金調達ができないと悩んでいた人にもチャンスが訪れたといえます。

但し、金融機関にローン申し込みをする時には闇雲にしてはいけません。金融機関にアプローチをする方法は2つあります。1つは不動産会社からの紹介です。投資物件を扱っている不動産会社の多くは金融機関と提携しています。つまり、投資物件と資金調達方法をセットで紹介してくれるのです。金融機関と大した取引がないような人はこの方法が一番手っ取り早いです。もう1つの方法は定期預金や定期積金等、すでに預金取引がある金融機関に打診してみることです。まずは様子を見ることが大切です。不動産投資に積極的な金融機関であれば、不動産投資を検討していることを相談してみても良いでしょう。資金繰りや返済計画について相談に乗ってくれる場合もあります。